Slow but Steady

日常のこと、音楽のこと、そしてあまり役に立たない英単語たち。。。
月別アーカイブ  [ 2011年05月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

東京冥利

5月21日(土)
Apogee永野亮さんの弾き語りライブに行ってきました。
「東京冥利」というのはそのイベントのタイトルです。

場所は銀座の老舗お煎餅屋さん、銀座 松崎煎餅

1階が店舗、2階が和風カフェ「お茶席」、3階がギャラリーになっています。

ライブは「お茶席」で行われました。

お煎餅屋さんでのライブってどんなもんだろって思ってましたが、とてもいい雰囲気で、ドリンクコーナーではお煎餅はもちろん、柏餅やあんみつなどの和風スイーツもありました。

永野さんはアコースティックギター、そしてゲストにマリンバ奏者の上原なな江さん。
「お茶席でやるならぜったいマリンバ!」って思ったそうです。

永野さんの美声+かっこいいギタープレイにマリンバのあったかくてちょっと懐かしい感じのする音がすごくマッチしていて、心地良いサウンドを作り出していました。

そして、対バンはあおきけんさんというアーティストさん。
どんな音楽を奏でる人かなーと思って行く前にマイスペでチェックしました。
彼も美声の持ち主。好きな声質です。
曲もいい感じ。
特に「No Color」という楽曲がいいです。何度もリピートして聴いてしまいました。
だから、生で聴くのもすごく楽しみでした。

ライブは久しぶりとのことで、最初はちょっと緊張してますと言ってましたが、演奏が始まるとギターはかっこいいし、歌声は素晴らしいしで、ぐいぐい引き込まれました。

どの曲も私の琴線に触れまくりで、胸の奥がきゅってなってうるうるしてきました。

4曲目。最近ご結婚された妹さんの結婚式で披露して、妹さんが泣いてくれたという前ふりで始まったのが、ポール・マッカートニーの「My Love」のカバー。
ここで涙腺がだんだんやばくなってきて、でも会場がわりと明るくて見られても恥ずかしいのでうるうるで抑えていました。

そして次に「No Color」と来て涙腺さらにやばいことに。

そのあとは最後までなんとか頑張って涙腺を崩壊させることなくずっとうるうるしたままライブは終わりました。

途中どの曲か忘れてしまったのですが、フィッシュマンズのライブをUstreamで見ていた時に、Twitterのコメントでいいのがあったから、それをパクって作ったという曲がありました。
その中に印象に残った歌詞がありました。
多分それがそうなのかなーって思いながら聴いていました。

「世界で一番非力で、一番力強いものを聴かせて」

多分こんな感じだったと思います。


また一人すてきなアーティストさんに出会ってしまいました。
スポンサーサイト
[ 2011/05/27 17:06 ] Music | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。