Slow but Steady

日常のこと、音楽のこと、そしてあまり役に立たない英単語たち。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

7th Floor Acoustica

昨日はApogeeのボーカル永野亮さんの初ソロワンマン・アコースティックライブに行ってきました。
場所は渋谷の7th Floor。

今回は太郎さんを誘って二人で行きました。
先日結婚20周年の記念日だったので、アニバーサリーデートってこともあって。

まずライブの前に腹ごしらえ。
生まれて初めてスープカレーを食べました。
soup curry
これは私が食べたMOMO(餃子)入りのスープカレー。

soup curry
これは太郎さんのベジタリアン・スープカレー。

辛さのレベルが1から40まであって、私は1、太郎さんは2にしたのですが、2でもかなり辛かったです。
40ってどんななんだろ。。。
お店のホームページによると「間違いなく体に悪いです。最終的には廃人になるか、ダメ人間になります。」ってあります。
プラス400円で体験できるようです。


ライブは三部構成で、初めはサポートメンバーが入って新曲をいくつか。
ちなみにメンバーは、Drums 藤井寿光(from ANATAKIKOU)、Keyboard 菅野真音、Wood Bass 内垣洋祐(from Apogee)の3人。
永野さんは「知らない曲ばかりでごめんね」みたいなこと言ってましたが、どれも彼らしい、いい感じの曲ばかり。
一曲だけカバーで「いかれたBABY」をやりました。

2部はスペシャルゲストの阿部芙蓉美さんと二人で、しっとりとした洋楽のカバーを何曲か。
一曲目はエイミー・マンの「Wise Up」でした。
これは私の好きな映画、「ザ・エージェント(原題はJerry Maguire)」にでてくる歌ですごく好きなうた。
安部芙蓉美さんの歌声は初めて聴いたけど、とても魅力的な声。
永野さんのビューティフルボイスと重なると相乗効果でさらに素敵に。
それからくるりの「ハイウェイ」もやりました。

3部はまたバンドを入れて5人で。
これは何やったか忘れてしまった(- -;)

そしてアンコールは永野さん一人でアコギで「アヒル」。
これはめちゃくちゃかっこよかった。
アコースティックであれだけかっこよくギターが弾けるなんてほんと羨ましい。
最後はまたバンドと芙蓉美ちゃんがステージに戻ってきて、まずは今テレビで流れてる佐川急便のCMソング。
永野さんが作詞・作曲して芙蓉美ちゃんが歌ってるやつです。
(CMはこちらで見れます。CMの最後に流れる声が永野さんだってこと気付きませんでした。)

そして最後、このCM用に作ったけど採用されなかったという曲をフルバージョンに仕上げて演奏してくれました。

最初から最後までアットホームな感じのほのぼのとしたいいライブでした。
そして太郎さんも楽しんでくれたみたいで、特に洋楽のカバーをやったのを「あれは僕のためにやってくれたんだね」なんてご満悦でした。
[ 2010/09/06 01:02 ] Music | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。